沖縄市立図書館。その蔵書、なんと約22万冊!!!蔵書を読み散らかし 紹介していく沖縄市図書館ファンブログです(^^) 書評というより、感想文。 基本的にブログで紹介する本たちは 沖縄市立図書館の蔵書のあるものに がぎります。 文章能力は乏しいですが、 お暇な際にもご覧になってみてくださいね。 よろしくお願いします(^^ ※タイトルをクリックすると詳細が見れます。 ぜひご一読くださいませ(๑˃̵ᴗ˂̵)
C2CDB73D-26A5-47A8-A45B-473D2EDFBBC0
●頁16 尾本 一明 著 『資格試験に超速で合格る勉強法』


 皆さんこんにちは!沖縄市立図書館歩き!
本日紹介するのは・・・


『資格試験に超速で合格る勉強法』です。

資格試験、簡単なものから国家資格まで様々な資格試験が
ありますね。


一生勉強とはよく言いますが、学生時代よりも、社会に出てからのほうが
勉強している気がします。

その代表的なものが資格試験ですよね。
本書はいわゆる勉強法の指南書になります。


ではどんな方が指南してくれるのか、本書の著者紹介欄から
引用してご紹介。


尾本 一明

広島県尾道生まれ。高校卒業後、三菱重工(株)入社。
重労働に明け暮れる中、学歴コンプレックスに悩み続け、

「低学歴でも人生をかえてやる!」

と一念発起。
行政書士になろうと決意し、勉強時間を確保するため転職するが
違法な派遣切りにあう。

この時、社会保険労務士の資格も取得すると胸に誓う。

資格を取得するためにさまざまな資格学校の通学・通信学習を体験。
資格試験のノウハウを学び身に着ける。


現在は独立し、『現場上がりの行政書士・社労士』
として活躍。


            引用ここまで(一部省略)


 自分の人生を自分の力で切り開いてこられたのですね。
行政書士とあわせて合わせて実に15種類もの資格を取得しているとのこと。


 そこで培った勉強法が本書では惜しげもなく披露されています。


さて、さっそく本を開いて目次を覗いてみましょう。


Chapter 1  超速で受かる人は『考え方』が違う

Chapter 2  超速で受かる人は『勉強法』が違う

Chapter 3  超速で受かる人は『過去問と模擬試験』を使い倒す

Chapter 4  超速で受かる人は『時間の使い方』が違う

Chapter 5  超速で受かる人は『勉強する環境』をつくる

Chapter 6  超速で受かる人は『試験本番』にこう臨む


といった感じです。



本書は小一時間ほどで読めます。
もっと早い人ならば30~40分くらいで読み終えるでしょう。

『超速』を売りにしている本書なので超速で読めるよう
綺麗にまとめられていてパッっと読めます。


全部で44のノウハウを学べるのですが本書は面白い趣向を
凝らしています。

ノウハウをただ書くのでなく・・・


『超速で受かる方法』のとなりに
『一般的な受かる人』
『試験に落ちやすい人』のダメな方法・考え方も併記されており
比較が面白いです。



そして本書最大の特徴が(   )を使い穴埋め出題形式で書かれています。

はて?どういうことでしょう。


Chapter 1のノウハウを一か所だけ引用してみましょう。



『受からない人』   試験を受けることが目的

『 受かる人 』   試験に合格することが目標

『超速で受かる人』  資格取得は(       )ととらえている。 
                  ↑重要部分


             引用ここまで

 と、こんな感じで表記されています。穴埋めの答えは項目の
最後の部分に答えが載っています。


まさに資格試験の問題集のようなのです。

面白い趣向だと思います。

もちろんほとんどのノウハウが受験勉強の力になってくれると思います。
勉強の息抜きにでも本書を読んでライバルに差をつけてみませんか?


おすすめです。



ぜひご一読くださいませ。



 


最後にご紹介した。書籍の情報を簡単に載せておきますね。



今日の一冊



タイトル   『資格試験に超速で合格る勉強法』


著者   『尾本 一明』  
                        


出版社  『すばる舎』


ISBN   『978-4-7991-0608-2』





紹介した本はもちろん沖縄市立図書館で借りることができます。



 沖縄市立図書館へ出かけてみましょう(๑・̑◡・̑๑)



 お付き合いありがとうございました!



Keitanでした!

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ