沖縄市立図書館。その蔵書、なんと約22万冊!!!蔵書を読み散らかし 紹介していく沖縄市図書館ファンブログです(^^) 書評というより、感想文。 基本的にブログで紹介する本たちは 沖縄市立図書館の蔵書のあるものに がぎります。 文章能力は乏しいですが、 お暇な際にもご覧になってみてくださいね。 よろしくお願いします(^^ ※タイトルをクリックすると詳細が見れます。 ぜひご一読くださいませ(๑˃̵ᴗ˂̵)
F2460300-721D-4450-A835-66A3C5313093


☆聖夜絵本特集☆ 第三回 『クリスマスあったかスープ』
  

作 『野中 柊』 絵  『長崎 訓子』



こんにちは沖縄市立図書館歩き!!

☆聖夜絵本特集☆
と題してクリスマス関連の絵本を特集しています。

 第三回の今日は、

パンダのポンポン『クリスマスあったかスープ』です


この絵本はパンダのポンポンシリーズとして好評のようです。
はじめて知りました。

本書はシリーズ三作目のようです。

さてさて、さっそく絵本をひらいて読んでみましょう


主人公のぽんぽんは
街で一番人気のレストラン『きら星亭』
のコックさん。とっても食いしん坊だそうです。


『ある朝、目が覚めたら、ポンポンの鼻がひんやりしていました』

よ、いう書き出しで物語は始まります。
今日はきら星亭はおやすみ。

ごはんをたべて、準備をし、ポンポンはでかけていきます。
むかうのは大親友のねこの『チビコ』ちゃんのところ、

チビコちゃんはきら星亭でウェイトレスをしています。
ポンポンとは兄弟のようなかんけい


 ふたりは合流してきら星亭へ。
あれれ、今日は休みのはず。なにしにいくのだろう。


もうすぐクリスマス!きょうはきら星亭でパーティーのじゅんびです。

準備をしながらサンタさんの話題に・・・

『ことしはきてくれるかな』

ポンポンのところにはサンタさんが来たことがいちども
ないのです。


パーティ用意はととのい・・・
クリスマスとうじつ。

はたしてはたして、今年は
サンタさんは来てくれるのでしょうか。


 ・・・この続きは沖縄市立図書館で
実際に手にり、絵本をひらいて読んでみてください。


ほっこりする結末がまっています。


本書は紹介した『クリスマスのあったかスープ』のほかに


       『スーパーチョコレート』


       『お花畑のサラダ』


      の計3編のお話が収録されています。



ぜひ、ご一読くださいませ。  








最後にご紹介した。書籍の情報を簡単に載せておきますね。



今日の一冊



タイトル 『クリスマスのあったかスープ』


作   『野中 柊』      絵『長崎  訓子』  
                        


出版社  『理論社』


ISBN   『978-4-652-00756-3』





紹介した絵本はもちろん沖縄市立図書館で借りることができます。



 沖縄市立図書館へ出かけてみましょう(๑・̑◡・̑๑)



 お付き合いありがとうございました!



Keitanでした!

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ