沖縄市立図書館。その蔵書、なんと約22万冊!!!蔵書を読み散らかし 紹介していく沖縄市図書館ファンブログです(^^) 書評というより、感想文。 基本的にブログで紹介する本たちは 沖縄市立図書館の蔵書のあるものに がぎります。 文章能力は乏しいですが、 お暇な際にもご覧になってみてくださいね。 よろしくお願いします(^^ ※タイトルをクリックすると詳細が見れます。 ぜひご一読くださいませ(๑˃̵ᴗ˂̵)

B0968B97-8BC3-4271-AD6F-DA9DE81C1C64



☆聖夜絵本特集☆ 最終回 『12月24日』

        黒井  健 作


こんにちは沖縄市立図書館歩き!
五回連続で組んできた

☆聖夜絵本特集☆

今回が最終回です。

最後にご紹介するのは


『12月24日』です。


主人公はおじいさん。サンタさんです

24日、クリスマスイブのことを描いています。

もう少し詳しく説明すると、
24日、おじいさんが目を覚まし、配達に
出かける直前までを描いています。





さてさて、さっそく絵本をひらいて読んでみましょう。



『北の果ての国に遅い朝日が昇りました』


と、いう書き出しで物語は始まります。


今日も一日世界中が無事でありますように。

この祈りからおじいさんにの
一日が始まります。

朝食の支度をはじめます。

野菜のかわを丁寧にむきます。

ベーコンをカリカリになるまでゆっくり
いためます。


ゆっくりゆっくりていねいに、
朝食の準備をすすめます。

今日は大切な日。卵は二つにしよう。


ゆっくりゆっくり
自分のぺーすで準備していきます


いつもと同じあさ、

いつもと違うのが今日はとくべつなひということです。


・・・続きは沖縄市立図書館で実際に手に取り
読んでみましょう。


 ものがたりに大きな起伏はありません。

その絵本はそれがみりょくです。

おじいさんを中心に一緒に暮らす
にゃんこ。トナカイ。

あさひ、やさいの皮をむく音、ベーコンが焼けるおと、におい
暖炉の火のやさしい感触。


この絵本にある
優しい空気感。


すごくすてきな絵本です。


読み聞かせにもぴったりですが、


大人のひともおすすめです。

ふとつかれたとき、しんどいとき、

ねるまえに読むとやさしい
気持ちになれるかもしれません。

黒井さんの
イラスト、本当にやさしいんですよ。
30項に満たないえほんですが、
keitanは20分くらいかけて

ゆっくり、ゆっくり
時間をかけてこの絵本を読むのが
すきです。


おすすめです。



最後にご紹介した。書籍の情報を簡単に載せておきますね。



今日の一冊



タイトル 『12月24日』


さく 『黒井 健』    
                        


出版社  『白泉社』


ISBN   『4-592-76082-4』





紹介した絵本はもちろん沖縄市立図書館で借りることができます。



 沖縄市立図書館へ出かけてみましょう(๑・̑◡・̑๑)



 お付き合いありがとうございました!



Keitanでした!






Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ