沖縄市立図書館。その蔵書、なんと約22万冊!!!蔵書を読み散らかし 紹介していく沖縄市図書館ファンブログです(^^) 書評というより、感想文。 基本的にブログで紹介する本たちは 沖縄市立図書館の蔵書のあるものに がぎります。 文章能力は乏しいですが、 お暇な際にもご覧になってみてくださいね。 よろしくお願いします(^^ ※タイトルをクリックすると詳細が見れます。 ぜひご一読くださいませ(๑˃̵ᴗ˂̵)
7FA12693-B9F4-498E-AC70-3DD4947C360E




●頁29 林 秀美など 著 『沖縄の山』


こんにちは沖縄市立図書館歩き!!



keitanです。




本日紹介するのは・・・・




『沖縄の山』です。




山と渓谷社から発行されています。
もちろんタイトルの通り、沖縄の山に関する本です。



 主に登山者に向けた、ガイド本になります。



沖縄本島はもちろん、石垣島などの離島も包括的にガイドされています。
38か所ガイドされています。




本書の最初に



概説 『沖縄の山に登る』




として沖縄の山々の特長が詳しく解説されています。
沖縄本島で生まれ、育ち、今も現在進行形で暮らしている私keitanも
かなり勉強になる解説です。




 この概説の最後に



『本書の使い方』



というミニコーナーがあり、本書の見方を詳しく教えてくれます。



 ●日程

 ●体力度ランク

 ●危険度ランク

 ●歩行時間

 ●歩行距離

 ●累積標高差

 ●山岳の特長

 ●付近の観光

 という八項目で山々がガイドされています。



特に、●体力度ランクの項目や、●危険度ランクの項目は
登山初心者にとっては必読の項目となります。




危険度ランクは三段階で表示されており、



ランク①・・・比較的安全に歩けるコース



ランク②・・・落石、転落の危険が低いコース



ランク③・・・高度な知識と技術・経験を要するコース
       単独行や初心者は避けてください



 と、わかりやすく参考になります。



 ちなみに、本書で紹介されている山々はランク②が最高です。




その他にも、山ごとのワンポイントアドバイスや、
登山口までのアクセス方法、


最寄りの観光協会や役場、公共交通機関の電話番号が
記載されており、登山計画を立てる際便利かと思います。



 山々の写真もすべてフルカラーで紹介されており、
登山欲を刺激します。



眺めているだけでたのしい!



週末にでも山に遊びに行きたくなります。



 登山適期を見ると今まさに登山に適していると
案内されている山がいっぱい!!
 いまがチャンスです。





本書を手に取り、沖縄の山々に上って、絶景を楽しみませんか?



 ぜひご一読くださいませ。




 






最後にご紹介した。書籍の情報を簡単に載せておきますね。



今日の一冊



タイトル  『沖縄の山』


著者    『林 秀美』など   

  
出版社   『山と渓谷社』


ISBN   『978-4-635-02396-2』





紹介した本はもちろん沖縄市立図書館で借りることができます。



 沖縄市立図書館へ出かけてみましょう(๑・̑◡・̑๑)



 お付き合いありがとうございました!


 



 









 



keitanでした!





 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ