沖縄市立図書館。その蔵書、なんと約22万冊!!!蔵書を読み散らかし 紹介していく沖縄市図書館ファンブログです(^^) 書評というより、感想文。 基本的にブログで紹介する本たちは 沖縄市立図書館の蔵書のあるものに がぎります。 文章能力は乏しいですが、 お暇な際にもご覧になってみてくださいね。 よろしくお願いします(^^ ※タイトルをクリックすると詳細が見れます。 ぜひご一読くださいませ(๑˃̵ᴗ˂̵)
F4AC5478-F930-41E9-BFD7-32D0D76884D5











⚫️頁 44  西野 亮廣 著 『革命のファンファーレ  現代のお金と広告』





こんにちは!沖縄市立図書館歩き!
なにかと話題のおひとです。






絵本『えんとつ町のプペル』大ヒット!






というニュースなどで皆様も
耳にしたり、目にしたりされたかと
思います。





恥を忍んで告白すると
西野さんにあまりいい印象を
持っていませんでした。





絵本にしろ、ニュースにしろ
芸能人だからだろう。
くらいで詳しくないにも
関わらず…




本書を読了したいま。




すごい方だな。



という印象です。




『えんとつ町のプペル』の製作法。



そして売り込み方。



緻密・綿密に計算し尽くされた上での
売り込み。




ここまで考え抜いて
作製し
売ったのですね。




芸能人パワーももちろん
ありはするでしょうが、
それはきっとほんの僅か。




西野さんの戦略・実力で
売り込み、支持を得たのだとおもいます。




どこから発想を得ているのだろう。





貪欲に知識を吸収し、多角的に物事を観察し、
常識を疑い、行動しないと出来ない。





そこらへんのビジネスマンより
ビジネスマンです。






 革命のファンファーレ。




本書のタイトルにぴったりです。




わたくしkeitanは学生の頃
『金持ち父さん  貧乏父さん』に出会い、
衝撃を受け、読書に
没頭するようになりました。





本書はその時衝撃と
同じものを感じました。





良書だと思います。






一度手に取り、読んでみたください。
人によって得るものは違うと思いますが、
きっと何かをもたらしてくれるでしょう。




ちなみに図書館では人気で
予約しないと借りれないかもしれません。



keitanは待ちきれず購入し、
読みました。



税込1500円位で読めます。
買って損はないかと思います。




ぜひご一読くださいませ。



 最後にご紹介した。書籍の情報を簡単に載せておきますね。




今日の一冊



タイトル  『革命のファンファーレ』


著者    『西野 亮廣』 

  
出版社   『幻冬舎』


ISBN    『978-4-344-03155-5』





紹介した本はもちろん沖縄市立図書館で借りることができます。



 沖縄市立図書館へ出かけてみましょう(๑・̑◡・̑๑)



お付き合いありがとうございました!







◇keitan  書房   
こちらから購入もできます↓
本日紹介した書籍の関連本を中心にご紹介しています。








こちらから購入もできます。↑


Keitan書房で紹介した書籍の中で


⚫︎『えんとつ町のプペル』
⚫︎『革命のファンファーレ』



は沖縄市立図書館に蔵書があるようです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

※2018  1/18現在


気になった方はまず図書館で
手にとって借りて読んだのち。

気に入ったら購入されてはいかがでしょうか。





keitanでした!  

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ