沖縄市立図書館。その蔵書、なんと約22万冊!!!蔵書を読み散らかし 紹介していく沖縄市図書館ファンブログです(^^) 書評というより、感想文。 基本的にブログで紹介する本たちは 沖縄市立図書館の蔵書のあるものに がぎります。 文章能力は乏しいですが、 お暇な際にもご覧になってみてくださいね。 よろしくお願いします(^^ ※タイトルをクリックすると詳細が見れます。 ぜひご一読くださいませ(๑˃̵ᴗ˂̵)


08D8C7FC-3DC6-410B-8375-66A5374B6BEF
















●頁52 リチャード プラット文 『世界のしくみまるわかり図鑑』





こんにちは!沖縄市立図書館歩き!!




keitanです。






本日ご紹介するのは『絵本です』




その名も


             『世界のしくみまるわかり図鑑』です。



なんとも壮大なたいとる。


世界のしくみが丸ごとわかってしますのです。



さてさて、さっそく本を開いて
目次を覗いてみましょう。


全部で30項目あります。



すべて紹介すると
長くなってしまうので
気になった項目だけ
ご紹介します。



まず最初の項目は



『いろいろな結び方』
からはじまり、



『太陽系の仲間』
『活字の構造』
『自転車の構造』


などが続きます。




おもしろいのが


『オーケストラ楽器の配置』

  や

『画家やデザイナーのための鉛筆と絵筆』


など




ほうほう。その項目
チョイスするのか
というものもあります。



独自の目線で世界をとらえ
解説しています。



『正多角形とタイル貼り問題』
なんていう項目もあます。




全部で30項目。



30項目で森羅万象を
図鑑に仕上げた意欲作。





一つの項目は
見開きの2Pで
解説が完結しています。




本を開いて



左側が詳細の説明。
テキストでの解説になります。



右側が主に図を用いての
解説です。




これがめちゃくちゃわかりやすい。




おとなが読んでも読みごたえ
抜群。




ちょいとほしい。




大人も子供にも
おすすめの本です。




イラストレーター・版画家と
紹介されている


『ジェイムス ブラウン』さんの画が
とっても魅力的。



アルバート博物館や英紙ガーディアン
で活躍されているそうです。



文を担当した
『リチャード プラット』さん



絵本は
文のプロ。画のプロの
コラボが楽しめるので楽しいですね。




なんというか本書は
『週刊子どもニュース』に
通じる面白さ。



一度手に取ってみてはいかがでしょうか。



ぜひご一読くださいませ。




最後にご紹介した。書籍の情報を簡単に載せておきますね。




今日の一冊



タイトル    『世界のしくみまるわかり図鑑』 


文     『リチャード プラット』


画     『ジェイムズ ブラウン』


訳者    『三枝 小夜子』


出版社   『柏書房』


ISBN    『978-4-7601-4877-5』




紹介した本はもちろん沖縄市立図書館で借りることができます。



 沖縄市立図書館へ出かけてみましょう(๑・̑◡・̑๑)



お付き合いありがとうございました!







◇keitan  書房   
こちらから購入もできます↓
本日紹介した書籍の関連本を中心にご紹介しています。







こちらから購入もできます。↑

Keitan書房で紹介した書籍の中で




『輪切り図鑑 クロスセクション』
『海賊事典』
『スパイ事典』





は蔵書あるようですよ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶





気になった方はまず図書館で
手にとって借りて読んだのち。




気に入ったら購入されてはいかがでしょうか。












keitanでした!


Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ