沖縄市立図書館。その蔵書、なんと約22万冊!!!蔵書を読み散らかし 紹介していく沖縄市図書館ファンブログです(^^) 書評というより、感想文。 基本的にブログで紹介する本たちは 沖縄市立図書館の蔵書のあるものに がぎります。 文章能力は乏しいですが、 お暇な際にもご覧になってみてくださいね。 よろしくお願いします(^^ ※タイトルをクリックすると詳細が見れます。 ぜひご一読くださいませ(๑˃̵ᴗ˂̵)
62DBB67C-7347-4F41-94A7-98EBF30A1BFA























●頁54 ロバート キヨサキ著 『金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント』





こんにちは!!沖縄市立図書館歩き!



keitanです。




本日ご紹介するのは
以前当ブログでもご案内した。




ロバートキヨサキ著
『金持ち父さん貧乏父さん』



の続編




『金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント』です。




こちらもどうぞ↓
●頁4  ロバート・キヨサキ著  『金持ち父さん貧乏父さん』




本書は前回の内容を引き継いでいるものの
個人的にはより分かりやすくなっています。



『経済的自由』を
手に入れたいあなたに。




そんなあなたに
おススメです。




 さっそく本を開いて目次を覗いてみましょう。


はじめに
キャッシュフロー・クワドラントとは何か




第一部    クワドラントの右側か左側か




第一章   私があえてホームレスになったわけ


第二章   クワドラントが違えば人間も違う


第三章   人はなぜ自由より安全を求めるのか


第四章   ビジネスシステムを手に入れる


第五章  まずはレベル4の投資家になる


第六章  お金は目に見えない





第二部  最高のあなたを引き出す




第七章  なりたい自分になる


第八章  どうしたら金持ちになれるか


第九章  銀行そのものになれ




第3部 クワドラントの右側で
    成功するために



第十章 まずはヨチヨチ歩きから


第十一章 ラットレースから抜け出す
     七つのステップ


終わりに
道はかならず見つかる




と、いった感じです。








本書の初めにある『寓話』が紹介されています。



この寓話には
キヨサキさんが伝いたいこと
が凝縮されています。




この寓話を読んでみて
何かを感じない方は本書を
そのまま閉じてしまいましょう。



ここで心に何かを
感じなければ恐らくですが
本書では何も得ることが
ないだろう思います。




なにも感じなかったかたは
本書の『核』の部分を
理解し、すでに実行されているかた
かもしれません。



そういう方は
『当たり前のことが書いてあるね』
と、いった感じで
目新しい考えは得ることが
できないでしょう。


『寓話』をよんで
何か感じた人は
本書によってよるものが
たくさんあるかもしれません。



本書最大の
特長はタイトルのもなって
おります。



『キャッシュフロー・クワドラント』



という図です。


検索すると出てきます。
参考にされてください。



この図はお金の
流れを理解するために
大きな助けとなってくれています。



ちょいとご紹介





キャッシュフロー・クワドラントは
4つのクワドラント(円を四等分したもの)

から成り立っています。



そして


『E』『S』『B』『I』の

4つの文字で構成されています。


これは4つの単語の
頭文字です。


それぞれ・・・



『E』 従業員(employee)

『S』 自営業者(self-employed)

『B』 ビジネスオーナー(business owner)

『I』  投資家(investor)


の頭文字です。


これは
どうやって
収入をえているのか
考える際に使うのです。




『今』どこからどうやって収入を
得ていて


『明日』どこから
収入を得たいと考えるのか。



を考えるのに優れた
ツールです。




人生の羅針盤に
なる優れた考え方
です。



将来なりたい自分。



『今』を変えたい方。
経済的な『自由』を
求めている方。





読んでみる価値は
十分にあると思います。



わたくしkeitanが目指しているのは
右側の『B』『I』です。




皆様はどっちでしょうか。





ぜひご一読くださいませ。





最後にご紹介した。書籍の情報を簡単に載せておきますね。




今日の一冊



タイトル   『金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント』


文     『ロバート キヨサキ』


訳     『白根 美保子』


出版社   『筑摩書房』


ISBN    『4-480-86332-X』




紹介した本はもちろん沖縄市立図書館で借りることができます。



 沖縄市立図書館へ出かけてみましょう(๑・̑◡・̑๑)



お付き合いありがとうございました!







◇keitan  書房   こちらから購入もできます↓
本日紹介した書籍の関連本を中心にご紹介しています。











ちらから購入もできます。↑

本日Keitan書房で紹介した書籍の中は




すべて沖縄市立図書館に
蔵書あるようですよ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶





気になった方はまず図書館で
手にとって借りて読んだのち。




気に入ったら購入されてはいかがでしょうか。












keitanでした!

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ