沖縄市立図書館。その蔵書、なんと約22万冊!!!蔵書を読み散らかし 紹介していく沖縄市図書館ファンブログです(^^) 書評というより、感想文。 基本的にブログで紹介する本たちは 沖縄市立図書館の蔵書のあるものに がぎります。 文章能力は乏しいですが、 お暇な際にもご覧になってみてくださいね。 よろしくお願いします(^^ ※タイトルをクリックすると詳細が見れます。 ぜひご一読くださいませ(๑˃̵ᴗ˂̵)





頁64   林  伸次  著  『ワイングラスの向こう側』



こんにちは!沖縄市立図書館歩き!



keitanです!

さて唐突ですが『絶望』
という言葉があります。


『絶』の字と『望』という字が
合わさってできている
単語ですよね。


分解してみると
『絶たれた希望』といったところでしょうか。



希望が断たれるって事
割と日常に転がっていますよね。
ゴロゴロと。



例えば『色恋』は
代表的な日常に
ねっ転がっている
絶望です。


惚れた腫れたは
生きとし生けるもの
共通の悩みです。

◯好きで好きでたまらないのに
振り向いてくれない…


◯とにかくモテたい


◯彼氏に振られた


◯人肌が恋しい


まあ色々あります。



そんな色々な恋愛話、
相談をカウンター越しに
色々聞いてくれる
心強い味方。


バーテンダー。



そのバーテンダー
を長年務め、幾多の
恋愛相談を聞いてきた


林  伸次さん。
本日ご紹介する


『ワイングラスの向こう側』の
著者です。



恋愛指南書というジャンルが
ありますがそれとは少し違います。


ああしなさい。こうしなさい。

はありません。


バーテンダーとして
お客様をもてなして色恋話を聞き、
それを話してくれる感じです。



 今まさにバーで
グラスを傾けながら
林さんの話を楽しんでいる
かのような本です。


少し内容を紹介します。

  はじめに


01 男性の恋愛について


02 女性の恋愛について


03 セックスについて


04 結婚について


05 浮気と別れについて


  おわりに



といった感じです。


本書は恋愛中であろうが、なかろうが
   女だろうが男だろうが
   共感できる本だと思います。




「恋愛」というテーマを
広く、深く掘り下げています。


『男性の恋愛について』
では


●嫌われる男の三タイプ

●女性はイケメンがにがて

●キスをする方法されない方法

●OKサインをおしえて


など興味をそそられる項目ばかりです。


『女性の恋愛について』
では

●出会いがない女性への処方箋

●「モテる女性」になるための傾向と対策

●友達で終わりそうな彼を
 確実におとすには?


など男の私から見ても
そうそうそうなんだよ~

と共感する話が
多く紹介されていました。


特に
どんな女性がモテるのか
の話は男性なら9割方
賛成するのでは?


といった内容です。


女性の方は必見?
かもしれません。



本書は一般的には
デリケートで話題にしにくい
『セックス』の話題も
ざっくばらんに話してくれます。




文章のリズムも心地よく
リラックスして読み進めることができます。




もちろん恋愛は
ケースバイケース。

本書に載っていることが
そのまま当てはまるわけでは
ありませんが、
共感ポイントは
多いかもしれません。



もし今、あなたが
恋愛で少しでもお悩みなら
ぜひご一読くださいませ。


最後にご紹介した。書籍の情報を簡単に載せておきますね。




今日の一冊



タイトル    『ワイングラスの向こう側』 


著者    『林 伸次』    

  
出版社   『KADOKAWA』


ISBN    『978-4046015877』




紹介した本はもちろん沖縄市立図書館で借りることができます。



 沖縄市立図書館へ出かけてみましょう



お付き合いありがとうございました!
 








keitanでした。









 

 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ